テキーライベントします

テキーラ仲間での今年の新年会で、皆で楽しいことしたいと始まりました。

新型コロナウイルス感染症の影響でイベントも減り、お客様にもいつテキーライベントあるのと皆さんもよく聞かれていたみたいです。

やはりテキーラのイベントは楽しいですもんね。

 

今回はメスカルや他のお酒はなく、テキーラカクテルとテキーラだけです。

会場の都合上、一部、二部、に分かれますが、18種類のカクテルを提供します。

 

一部、二部、両方チケット買ったよと嬉しいお声もいただいています。

テキーラ協会の林会長もゲストで来ていただきます。

お時間ある方は是非!

 

日時 77()

開催場所 大阪・南森町

 

  • 13:0016:00

入れ替え&片付け16:0017:00

  • 17:0020:00

 

入場料¥2,000(ワンドリンク付き)

カクテル1杯¥800

テキーラショット\500

 

チケットはこちらから↓↓↓お申込みください!

https://peatix.com/event/3970354

 

※現金のみです

※フードはありません

韓国ドラマにハマっています

韓国ドラマは一度見ると止められないので、見ないようにしていたのですが、また見てしまいました(笑)。

案の定、仕事終わって見過ぎて、寝るのがいつも遅くなってしまっています。

 

韓国ドラマを見ていると韓国の素晴らしいなぁと思うところがよくあります。

目上の人の前ではタバコを吸わない、飲む時に少し顔を横に向けて、グラスを持っていない方の手で口元を隠しながら飲むなど、良いとか悪いではなく、何となく日本で少しずつ失われているような、目上の人に対する敬意を表す仕草などとても良いなと思います。

 

また何度か見たのが、韓国ドラマの最終回のエンディングスクロールには、カメラマンや裏方のスタッフも出てきて、俳優だけではなく裏方のスタッフもいてのこの作品が完成しましたと言っているように感じます。

普段一人でやっているようでも、見えないたくさんの人達に支えてもらっているなと、あのエンディングを見てそう感じました。

 

お店オープンして今月末で一年。

支えてもらっていることに感謝です。

 

ちなみに、どうでも良いですが、私の韓国ドラマトップ2

1その男の記憶法
2高潔な君

今見ているのは、ヒーラーです。

してもらって嬉しかったことを、他の人にもしていますか?

かくいう私もあまりできていませんが、意識していることは、留学生や海外の人が困っていたら躊躇せずお手伝いする事や、親切にすることです。

 

昔、カナダとメキシコに語学留学していた時、ホームステイ先の家族や、現地の友人、学校の先生など、本当にたくさんの方に親切にしていただき、とても嬉しかったことを今でも覚えています。

 

週末の学校が休みの日で、予定のない日、寂しいなと思っても、家族もいないし、友達も少なく、今の様に無料で電話できたりするネット環境もありません。携帯電話も持っていませんでした。

国際電話はとても高かったので、しょっちゅうも掛けられないし、掛けても長電話も出来ず(たぶん101,000円くらいだったと思います)、何を言っているかわからないテレビを見て過ごしたり、一人で出掛けることもありました。

 

そんな時、家族のクリスマスパーティーに呼んでくれたり、家族旅行に一緒に連れて行ってくれたり、色々声を掛けてくれました。

その人達にとっては普通のことでも、私にとっては、その国の文化を学べたり、自分では食べたことのないような食事ができたり、とても勉強にもなり、何より嬉しかったです。

 

もうその人達にお礼や恩返しはできませんが、自分のできる恩返しは、カナダやメキシコにいた時の自分のような留学生や旅行者に自分がしてもらって嬉しかったことをすることです。

また、それによって日本は良い国だと思って欲しいし、贅沢を言えば、自国に帰ってから困っている日本人を見たら、助けてあげて欲しいです。

そういうことが連鎖していってくれれば一番です。

 

何でも良いです。自分がしてもらって嬉しかったこと他の人にもしてみましょう!

自分も嬉しい気持ちになりますよ!

バンコク ルーフトップバー2024

バンコクにも色々なバーがありますが、特に日本ではなかなかない、ルーフトップバーがたくさんあり、お薦めです。

※タイは地震が少なく日本よりもかなり建築基準がゆるいみたいです。

 

今回行った二軒ご紹介します。

一軒目は2011年に公開された『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』

ハリウッド映画の【ハングオーバー!】シリーズの2作目のロケにも使われた、世界一の高さを誇ると言われている、ルブアホテルの最上階63階に設けられたSky Bar(スカイバー)

 

10年前に行った時はタイの物価にしたら高いなぁと感じましたが、今回、値段がかなり上がっていました。

たぶん二人で一杯ずつ飲んで、一万円くらいだったともいます。

値段もあるのか、お客様はほとんど外国人です。

ちょっとお高いですが、なかなか日本では味わえない景色と雰囲気なので、少しドレスアップして行ってみてください。

https://lebua.com/restaurants/sky/

二軒目は今回宿泊していたマリオットホテル・スリウォンの32階にあるYao Rooftop Bar (ヤオ ルーフトップ バー)

ここは二階建てになっていて、本格的な中華料理も人気です。

カクテルも美味しいし、マハナコンタワーと、スカイバーも見渡せて、席も広々していて、ゆったり飲めます。

ただこの辺りの道路は特に混むみたいなので、タクシー移動なら遅い時間が良いと思います。

https://www.yaobangkok.com/

4年前に比べると円安の影響だけではなく、物価がとても上がっていて、びっくりしました。

ドルやユーロの国に比べるとまだ行きやすいですが、タイだけではなく、東南アジアは安いからと行く時代は終わりましたね。

さぁ、次はどこに行こうかな?

バンコクのお薦めのお店2024

たまたま『バンコク メキシカン』で検索して出てきた”ojo Bangkok”(オホ バンコク)

バンコクで2番目に高い、マハナコンタワーの76階にあります。

マハナコンタワーに、20226月末に”The Standard Bangkok Mahanakhon Hotel”というホテルが新しくオープン、そのホテルの創作メキシコ料理レストランとして新装オープンしたみたいです。

 

マハナコンタワーの屋上には大人気の展望台『マハナコンスカイウォーク』があり、レストランで一定額以上の飲食をすると無料で行くことが出来ます。

ちなみに、登るだけだと1,000バーツ近くします。

 

こちらのシェフのフランシスコ・パコ・ルアノ氏は、メキシコ、グアダラハラにあるAlcalde(アルカルデ)という、ラテンアメリカのベストレストラン50にランクインするレストランのシェフでもあり、2019年にグアダラハラに行った時、一度訪れていました。

その頃まだ、モダンメキシカンといジャンルの料理を何度かしか食べたことがなかったので、美味しいのはもちろんですが、とても新鮮でした。

 

バンコクでタイ料理に飽きたら是非!

※服装スマートカジュアル

 

https://ojobangkok.com/

二軒目も今回初めて行ったタイスキレストランCOCA(コカ)です。

前から名前も知っていたし、ガイドブックにも載っているので何となく避けていましたが、行ってみました。

このレストランは1957年創業で、国内外にも支店があるそうです(以前は日本にもあったみたいです)。

 

こちらのお店もそうですが、何故かタイスキレストランには、飲茶も置いているお店が多いです。

出汁が二つ選べて(有料のものも)、具材もセットか単品を選びます。

今回ノーマルの出汁と、トムヤムクンを選びましたが、トムヤムクンは結構辛かったです。

 

ガイドブックに載っているので、日本のお客様も多いのかなと思っていましたが、時間帯もありましたが、日本人はいなくて、タイのお客様だけでした。

あの辛さは辛いものが得意でないと無理そうですね!

味はとても美味しく、次回もまた行きたいです。

 

もともと行こうと思っていたタイスキのMKレストランはお酒が飲めない時間帯があり、こちらは時間関係なく飲めたので有難かったです(^_^;)

何店舗かあるので近くのお店探してみてください。

 

https://coca.com/en/home

バンコクGrab事情2024

20202月コロナ前に行ってから、2泊4日と弾丸旅行ですが、リフレッシュするために、約4年振りにバンコクに行ってきました。

円安もありますが、何より物価がとても上がっていてびっくりしました。

 

今回タイは9回目ですが、Grab(グラブ)のお陰で、乗る前に毎回交渉したり、メーターかどうか聞いたり、何とかぼったくってこようとする一番のストレスだったタクシーに乗らなくて済むようになり、とても快適に移動ができました。

 

Grabとは...元々はマレーシアを拠点にサービスを開始して、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、カンボジアで利用できる、自動車配車アプリです。

2018年にUber(ウーバー)が東南アジア事業をGrabに売却し、東南アジア最大の配車アプリになりました。

事前にアプリをダウンロードしておいて、アプリから目的地を入力すると、近隣にいる配車可能なドライバーとマッチングします。

 

海外でUberを利用したことある人は、使い方はほぼ同じです。

事前にクレジットカードを登録しておけばそこから支払えるので、現金がなくても大丈夫ですし、ドライバーとマッチングしたら料金も決定するので、遠回りされたりすることもなく、道なども説明しなくて良いので、本当にストレスフリーです。

 

他の国、例えばメキシコの空港では、Uberは利用できませんが、バンコクのスワナプーム国際空港では、Grab専用の乗り場があります。

1階の4番出口を出ると大きな看板があるので、すぐにわかると思います。

20245月現在

 

空港でGrabを待つ時、その場所が混んでいると、遠くで待っている場合もあるので、到着の連絡が来てもどこにいるかわからない場合、待っている場所の写真を送るとそこまで迎えに来てくれたり、相手が自分や、待っている場所の写真を送ってきたりします。

 

また、バンコクでグラブを呼ぶ時は道が混んでいる場合が多く結構時間が掛かるので、早めに予約することをお薦めします。

今回10回くらい利用しましたが、毎回ほぼ10分以上かかることが多かったです。

 

日本の配車アプリ、DiDiGOは早いと23分で来ますよね。

バリ島やホーチミンでも利用しましたが、バンコク程時間は掛からなかったです。

 

海外でのタクシー移動、UberGrabのお陰でかなり楽になりましたね!

利用する場合は、先に日本でアプリのダウンロードしていくことをお薦めします。

呼び方

呼び方って難しいですね!

スナックなどでは、マスターやママ、バーの場合、男性はマスターで良いですが、女性の場合なんと呼んだら良いのか何度か聞かれました。

確かに、名前で呼ぶ以外難しいですよね。

 

私はずっとママと呼ばれていたし、お客様もお酒の席で一度で名前を覚えるのも大変だし(酔ってる場合何度も聞かれて、最終的にママになるから())と思って抵抗ないですが、嫌な方もいらっしゃります。

 

先日、まだバーデビューして間もない名古屋からの出張中のお客様で、三日連続来ていただいたのですが、呼び方に困っていて、マスターじゃないし、ママでもないしと悩んでいて、次の日来た時『お母さん』と呼ばれました。

『産んでないし』と言ったら、また翌日来ていただいた時は『女将』になっていました。

さすがに面白いのと、相当考えたのだろうなと思い、女将で流していましたが()

 

自分からママで良いよと言うのも変だし、私も名前を覚えることが得意ではないので、看護婦さんが、看護師さん、スチュワーデスがキャビンアテンダントになったように、何か良い呼び方あれば良いですね!

ハラペーニョ

沖縄に友人が仕事で行っていたので、お世話になっているお店に問い合わせたところ、ちょうどハラペーニョがあるということで、買いに行ってもらいました。

ハラペーニョはメキシコを代表する青唐辛子で(完熟すると赤くなります)、肉厚な果肉をもち、辛さは中程度(2,500-8,000スコヴィル)です。

※ちなみに一般的な赤色のタバスコは2,500-5,000スコヴィルです。

※※タバスコには色々種類がありますが、緑色のものはハラペーニョです。

 

ハラペーニョという名前は、メキシコ湾に面するベラクルス州の州都Xalapa(ハラパ)が由来となっています。

メキシコではマクドナルドなどのファストフード店に、普通にケチャップなどが置いてある場所にハラペーニョの酢漬けも置いてあり(牛丼チェーンのテーブルに生姜が置いてある感じで)、ピクルス代わりにバーガーに挟んで昔、食べていました。

 

また昔は瓶詰にされたハラペーニョの酢漬けを料理に使っていましたが、最近は沖縄や京都、九州などでも作られていて、国産のフレッシュな物を買えるようになったので、自分でピクルスを漬けたり、今回はハラペーニョのテキーラ漬けに挑戦してみました。

これでハラペーニョマルガリータやパローマを作ってみたいと思います。

サングリータ

お店でテキーラかメスカルをストレートかロックで注文していただくと、無料で出させていただいているサングリータ。

サングリータの起源は1920年代からだと言われています。

うちのお店では、トマトジュース、オレンジジュース、ライムジュース、ブラックペッパーです。

レシピもさまざまで、トマトジュースではなくザクロを使う物もあったそうです。

語源はスペイン語で血液Sangre(サングレ)からで、ita(イタ)という『小さい、可愛らしい』という響きのある接続語をつけて、Sangrita(サングリータ)と名付けられたと言われています。

 

2003年にメキシカンバーを始めて、3年後から毎年スタッフとメキシコに行くようになりました。

2003年以前メキシコに語学留学していた時、テキーラを飲む時はほとんどマルガリータなどのカクテルだったのでサングリータの存在を知りませんでした。

スタッフと行くようになって、テキーラをストレートでも飲むようになりました。

 

初めて飲んだのが、メキシコのリゾート地のカンクンでした。

それまではライムをかじって塩を舐めて飲むというスタイルしか知らなかったので、あまりの美味しさと、テキーラに合うのが衝撃でした。

↑カンクンで初めて飲んだサングリータ

※写真が古すぎてすみません(^_^;)

 

それから他のお店ではLa Bandera(ラ・バンデラ)と言って、スペイン語で国旗という意味なのですが、メキシコ国旗の色が赤、緑、白から、サングリータの赤、ライムの緑、テキーラの白で、三つ小さいグラスが並んで出て来るお店もありました。

ライムもグラスにたっぷり絞ったものが出て来るので、メキシコの人はこんな酸っぱいもの飲みながらテキーラ飲むのかと思ったほどです。

 

でも、もう何年になるでしょうか?テキーラを注文してもサングリータが出て来るお店はほとんどなくなったような気がします。

言えば作ってくれますが、一度お願いしたお店があまりにも辛すぎて飲めなかったのでそれから自分で注文することもなくなりました。

↑辛すぎて飲めなかったサングリータ

 

仲の良いメキシコ人の友人とバーや居酒屋に行くと、テキーラとソーダを一緒に注文するので、私も真似て、メキシコでテキーラを飲む時はソーダをチェイサーにします。

お店にもよりますが、飲みものを注文すると、チップスなど何かアテっぽいものが出てきて、それにサルサやライムをたっぷり絞って一緒に食べます。

飲んでいる間は永遠にお代わりできたりします()

 

今ではもうメキシコではあまりサングリータが飲まれていなかもしれませんし、プレミアムテキーラには必要ないと言われたりしますが、サングリータファンのお客様も多いですし、テキーラともとても相性が良いので、チェイサーというよりはアテ感覚でお出ししています。

 

気になる方は是非一度試してみてください!

コンビニバイト

昔初めてのお店を出す前に色々な経験をしておこうと思い、2003年9月のオープン前、約半年間色々なアルバイトをしました。

 

そのうち、2010年にファミリーマートに吸収合併されてなくなってしまいましたが、am pm(エーエム・ピーエム)というコンビニエンスストアでも4カ月アルバイトをしました。

 

場所はお客様の層が良さそうな四つ橋線、西梅田駅から一駅のところにある肥後橋駅(オフィス街)にしました。案の定、私の地元とは全く違ったお客様でそこで良かったです(笑)。

 

コンビニエンスストアでは、商品の発注もまかせてもらっていたので、発注の仕方(どの商品を多めに発注して、どの商品を少な目にする)、立地によって商品を増やしたり減らしたり(駅の近くだと傘を多めに置く)、どの商品を見えやすくするか(競艇場や競輪場などが近くにあると赤鉛筆をわかりやすい場所に置く)など、商品は違っても飲食店でも参考になるところはたくさんありました。

 

他にも短期でキャンペンガールやファミリーセールの販売もしましたが、知り合いができたり、勉強になることもたくさんあったので、オープン前、同じ業種以外で色々挑戦してみることもお薦めします。